ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

クロスカップリング C-Hカップリング

 

受託製造に関するお問い合わせ・お見積りはこちらから

[画像]

当社ではC-H活性化カップリング反応をトンスケールで実施した実績(Pd触媒を使用、収率実績80%以上)がございます。

C-H活性化反応について

一般に不活性な炭素-水素結合を種々の条件によって活性化・開裂させることで、新たに炭素-炭素結合を生成させる反応です。

炭素-水素結合を活性化させるための特殊な置換基の導入が不要となり、安価な化合物を直接カップリング反応させることができます。基質により反応位置選択性を向上のため配向基の導入が必要となる場合もありますが、次世代の炭素-炭素結合形成反応として実用化例が増えていくと思われます。

C-H活性化カップリング反応の文献例

1. ACS Catal., 1, 607-610 (2011).

[画像]

2. J. Am. Chem. Soc., 135, 14078-14081(2013).

[画像]

3. Org. Lett., 13(6), 1378-1381 (2011).

[画像]

ご購入、ご使用にあたって

当サイトに掲載の受託製造をさせていただく化学薬品には、既存化学物質として登録されていない新規化学物質が含まれます。新規化学物質を試験・研究以外の用途に利用される場合の法対応などに関するご相談にも承りますので、その必要がある場合は当社までお問い合わせください。
当社は出荷された化学薬品の使用、販売にあたり、その化学薬品自身の使用や他製品との併用、あるいは何らかの工程操作が、日本国内や外国の特許に抵触しないことを保証いたしません。
当サイトに掲載した化学薬品に関する当社特許の使用許諾については、別途ご相談ください。


お問い合わせ・資料請求

製品の資料請求・お問い合わせは、富士フイルムファインケミカルズ(株)で承っております。Webより問い合わせフォームをご利用ください。
なお、サンプルのご依頼に関しましては数量・用途などによってはご希望に沿いかねる場合があります。あらかじめご容赦お願いいたします。

電話でのお問い合わせ
富士フイルムファインケミカルズ(株)
開発営業部
03-6418-1270
Webでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る